K.H君のお母様

K.H君のお母様からの推薦文です。
合格校:海城・立教新座・栄東(東大選抜)

中学受験を意識し始めたのは4年生の春でした。両親ともにフルに働いており大手塾に入れてしまえば勉強の方はなんとかなると思い入室させました。1年が経ち立派なテキストはどっさり持って帰るものの、期待していた家庭学習の習慣は身に付くどころか、宿題も出したり、出さなかったりという状態になりました。5年生になって勉強のスピードも早くなり、復習もままならず授業にも集中できないようでした。結果、真ん中のクラスをウロウロ・・・そのころ通っていた大手塾から一言、「お疲れのようですが…」と言われても?なかなか改善されず、いわゆるお客様状態が続いてしまいました。

そこで…苦手の算数を補えばなんとかなるかもしれないと、息子の同級生のお母様に紹介して頂き加藤先生の塾へ伺ったのが5年生の夏でした。

最初は、椅子に座る姿勢が悪いと注意され、忘れ物をすれば厳しく叱られました。うちの場合、そもそも受験勉強の下地さえ出来ていなかったのです。今まで何をしていたのと先生は思われたでしょうが、根気よく受験の心得から教えて下さいました。

先生に算数を習い始めて半年が過ぎ新6年になる頃、いよいよこの一年で中学受験が決まると思うといろいろな事が現実味を帯びてきました。安易に入った大手塾に本当に自分の子どもが合っているのか? 個別塾と大手塾の費用とその効果は? 限られた時間で効率的な学習方法は…?など頭によぎり現実を見つめ直した結果「充実した受験勉強をさせたい」という強い思いが、新6年生から加藤先生に全面的にお任せするというきっかけになりました。

最後の1年の成績は、たまに迷走するも模擬試験は右肩上がり、じっくりと基本を身に付けさせてもらったことで本人にも自信が生まれたようです。本人の性格と実力を把握していただいた絶妙のご指導のお陰で、本番当日、初めて見る入試問題を前に100%の力を出し切ることができたようです。お蔭さまで、第一志望の学校に無事合格することができました。

通い始めた頃を思い出すと、偏差値的にはミラクルゾーンの学校選択でした。加藤先生の子どもの長所も短所も見抜いた職人技のようなご指導よって、限られた時間を有意義に過ごす事ができ、親子ともに成長できたと感謝しております。

過去の推薦文を読ませて頂くと、加藤先生のお人柄は昔から変わらないのだなと感じました。強い信念をお持ちで、受験経験が豊富であり、結果を出されます。もちろん厳しいだけではなく経験豊富な加藤先生の話題は面白く、お話を聞くのも子どもは楽しみだったようです。

最後になりますが、私の経験談を読んでくださった皆様に加藤先生への“ご縁バトン”を繋げられたら本当に幸せです。